UNITED BLOG

名古屋で活動するWEB系学生チームUNITEDのブログです。

宝を持ち腐らせてませんか?Macを快適な環境に設定しよう!

はじめまして、ライダーです。フロントエンドエンジニアを見習っています。

さて、普段の制作・開発にMacを使う人が多いと思いますが、僕もそのうちのひとりです。 ただそのMac、うまくカスタマイズできてますか?買ったそのままになってませんか?

というわけでおすすめの設定をご紹介😊

とはいっても基本設定なのでWindowsでもそう変わらないかもしれません。

  • キーボードの設定
  • トラックパッドとマウスの設定
  • Spotlightを活用しよう!

(※ 全ての設定画面・手順はMacOS 10.10.3 Yosemiteでお送りします。)

キーボードの設定

まずは、システム環境設定 > キーボードを開きましょう。
キーのリピート、リピート入力認識までの時間をそれぞれ、一番右(速い & 短い)に設定しちゃいましょう!

とあるキーを押下し続けたとき、
キーのリピートは、次の文字がタイプされるまでの時間の間隔
リピート認識までの時間は、連続でタイプされるようになるまでの時間 を表しています!

参考までにDeleteキーを押下し続けた場合のGIFアニメをドウゾ!

速い・短いを設定した場合

f:id:united-nagoya:20160702233829g:plain

遅い・長いを設定した場合

f:id:united-nagoya:20160702233837g:plain

これでちょっとばかり効率アップなのではないでしょうか!

トラックパッドの設定

おなじくシステム環境設定 > トラックパッド こちらも、軌跡の速さを一番右に設定しましょう!

f:id:united-nagoya:20160702234426p:plain

これは、指の動きに対するマウスカーソルの動きですが、設定し、触ってみるとわかると思います! 初めのうちはなれなくてすぐに元に戻したくなると思いますが、そのうち慣れます。

画面の端から端にカーソルを移動させたいときに、2回ほど指を往復させないとダメだったのが、一度で済むようになります。 時間で言えば半分ですねー!慣れるまでの辛抱です。

マウスも同じように設定しておくと良いと思いますよ!

Spotlightを使い尽くそう!

Spotlightって知ってますか? Windowsでどうなってるかはわかりませんが、このようなとても便利な機能が搭載されています。

control + space でウィンドウがドーンッと出てきます。(最近のMacだと⌘ + spaceかも)

計算ができる

ここに、1+1と入力してみましょう!

f:id:united-nagoya:20160702235646p:plain

2とでてきた!

為替相場がみれたり

1$と入力してみると・・?

f:id:united-nagoya:20160702235844p:plain

とこんな機能もあります。

円高らしいので、http://amazon.com でお買い物してみてもいいかもしれませんねー。

アプリケーションの起動ができる

他にもアプリケーション名を入力し、選択しエンターキーを押すとそのアプリケーションが開きます。 例えば、Photoshopと入力し、エンターを押すと、Adobe Photoshopが起動します。

辞書をひく

例えば、「相場」と入力し、辞書を選択すると? f:id:united-nagoya:20160703001220p:plain

と、日本語で相場の説明がでてきます。いわゆる国語辞典ですねー。

また、Mac標準の辞書の環境設定から、優先する辞書を並び替えることもできます。
f:id:united-nagoya:20160703001222p:plain

例えば和英辞書を一番上に設定しておくと、同じく相場と入力しても f:id:united-nagoya:20160703001225p:plain

和英辞書が表示されます。これで軽い翻訳もGoogle翻訳をかけるまでもなく、一瞬ですね!

これらのデフォルトで用意されている便利な機能をどんどん使いましょう!!

Spotlightの拡張機能もあります

Flashlightという、Spotlightの拡張アプリケーションもありますので、気になる人は調べてみてもいいと思います! flashlight.nateparrott.com

まとめ😋

どうでしたでしょうかー!何をダウンロード・インストールする必要もなく出来る簡単なことばかりですね! 便利なものを宝の持ち腐れで終わらないように快適な設定を探っていきましょう!

ライダー