UNITED BLOG

名古屋で活動するWEB系学生チームUNITEDのブログです。

ダブらないです。

どうも、ダブらないです。


まぁ、今回生まれてこのかた初めてブログを書くわけなんですが、盛大にやらかしましたね。
すっかりブログのことを忘れてました_| ̄|◯

すみません_| ̄|◯

続きを読む

学生エンジニアと社会人エンジニアの違い

こんにちは、ぽめです!

春からしばらくUNITEDの活動をお休みしていましたが、今日から復帰しました!

休んでいた間はふらふら遊んでいたわけではなく、自分が本当にやりたいことは何だろう…? と考えて、勉強したり、大学院へお邪魔したりしていました。

 

まだまだ変わる可能性はありますが、とりあえずの結論は出ました。

今は来栖川電算というソフトウェア系会社のバイトの研修を受けています。研修は3段階に分かれていて、結果を出さなければ即クビというシビアな世界です。まだ1段階目をクリアしたところで、なんとか食らいついています…(笑)

 

今回は、そのプログラミングバイトの研修で感じたこと

「学生エンジニアと社会エンジニアの違い」について記事を書きたいと思います。

 

"誰のための"コードであるか?

学生と社会人の違いとして、クオリティに対する問題はもちろんありますが、これは当たり前なので割愛。

 

それ以外でわたしが一番実感した違いは、他人の目を意識するかどうか、です。

学生の書くコードは、基本的に自分が分かれば良く、作品として完成すればオッケーです。

しかし、社会人の書くコードは、他の人とコードを共有することが大前提で、他の人が見てもすぐ理解できるように、常に意識をする必要があります。

 

”わかりやすい綺麗なコード”は今までにも意識して書いてきたつもりでしたが、実際に社会人の仕事を間近に見て、まだまだ意識が足りないと感じました。

 

 

具体的にはどうすれば?

研修中に、自分の書いたコードをレビューしてもらうのですが、そこでさまざまなアドバイスをいただきました。

  • 変数、メソッド、クラスは中身を見なくても名前を見ただけで理解できるような名前をつける(WEBのidやclassにも同じことが言えそう)
  • コードを行ったり来たりしなくても良いように、近いところでまとめる
  • 深いネストにしない
  • 自分だけが使うメソッドと他の人に使ってもらうメソッドを使い分ける

コードの中身に対するアドバイスはほとんど無く、上のように

「なんでこの変数はこの名前にしたの?」

「変数宣言の位置、遠くて見にくいな〜〜」

などの見やすさに関するレビューがほとんどでした。

 

他人の目を常に意識すること!

これはプログラミングに限らず、デザインやWebコーディングにも共通して言えることだと思います。

(このデータをあげて、相手はすぐに理解できるだろうか…?)

という意識を常に持っておくのがとても大切だと思いました。

 

 

ぽめ

ブログ:http://doiasami.net/blog/

Sketchでアプリのアイコンをトレースしてみた

こんにちは〜まだまだ先だと思っていたブログがついに回ってきました・・!らんです!
私はUNITED内で一応デザイナー側の人間なので、デザインに関する記事を書きたいと思います。

今回取り上げるのは、「Sketch3」について!
最近買ったは良いけれど、なかなか使う機会がなかったのでこれを機にアプリのアイコンをトレースしてみました。

続きを読む

クラウドソーシングのすゝめ

こんにちは!いぬづか(わんちゃん)です!

いつの間にか梅雨があけ、すっかり夏ですね!暑い!

ところで、みなさんは「クラウドソーシング」という言葉を知っていますか?? わたしはここ最近このクラウドソーシングを利用して少しお小遣いを得ています・・・笑

そこで、今回はお金を得るため、というより、「デザインのスキルアップ」という点からこのクラウドソーシングをおすすめしたいと思います〜

クラウドワークスとランサーズ

クラウドソーシングとは簡単に説明すると、デザイン制作やライティング業務などをネットを通して発注・受注をすることができるサービスです(^o^)(伝わるかな)

日本ではおそらく クラウドワークス と ランサーズ この二つが大きなクラウドソーシングのサイトだと思います。 知らないという人は一度チェックしてみてください〜!

学生でも受注することが可能!

クラウドソーシングは、学生である私たちでもお仕事を受注することができます!

お仕事のタイプは二種類あって、 コンペ形式プロジェクト形式 に分類されることがほとんどです。

おすすめしたいのはコンペ形式。 コンペ形式では一つの案件に対して、誰でも応募が可能で、発注者が最終的に気に入ったものを一つ(複数のときもあります)採用します。

なので、もし採用された場合は学生であってももちろん、報酬を得ることができます(^o^)

デザインのスキルアップになる

なぜこれをおすすめしたいかというと、デザインのスキルアップに繋がるからです! "稼ぐ"ということを目標にするとまた少し様々な壁が発生するのですが、 コンペ形式の案件に挑戦することはまだ実績の無い学生がデザインのトレーニングを積むのになかなか良いのです〜

その理由は、
・様々なデザインに挑戦することができる
・他人のデザインを見ることができる
・どういったデザインが求められているのかを考えることができる

主にこの三点かなと思います!

デザインのトレーニングをしようと思っていても、自分が好きなものを自由気ままにつくっているのではあまり力がつきません! しかし、クラウドソーシングのサービスを利用すれば、様々な案件があるので、自ずと自分が苦手なデザインに挑戦することもできますし、 様々な発注者がどんなものを求めているのかを考え、デザインに落とし込むという、自分だけではできない練習をすることができます。

さらに、他の方々が同じテーマに対してどういった提案をしているのかを見ることもできるので、 そういった他人の作品を見て、

「あ、この配色思いつかなかったけど綺麗だな!」
「ここの文字組みがすごく綺麗だな」
「ここの部分はもっとこうしたほうが良くなりそうだな〜」

などなど、自分の作ったものと比べて学ぶことができるのもいい点です(^o^)

夏休みを利用してやってみよう〜

デザインの力を身につける方法というのは様々あるかと思いますが、この「クラウドソーシング」を利用する方法もひとつの選択肢かなと思います!

もうすぐ夏休みということで挑戦してみてはいかがでしょうか〜〜〜

うまく取り入れて、スキルアップしちゃいましょう(^o^)/🎶

いぬづかまみ

ITニュースを知ろう!

こんにちは、けぃです!
本日は7/9(土)です。2日前の七夕は見事に晴れましたね!

…やっぱり厳しいですか?(汗
はい…7/9(土)更新担当だった私、思いっきりすっぽかしました(・ω<)☆てへぺろ
七夕まではしっかり覚えていたのですが…すみません

さて、気を取り直して書いていきます!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何を書こう?←
実を言うと、今までブログというものを書いたことがないんですよ、はい!
昔から文章を書くことがひじょーーーーーーーーに苦手なのです(๑• ̀д•́ )✧どやっ
なので、UNITEDの近況報告でもして終わらせてしまえ!と思ったら、同じことを考えている人が(My切り札が…)

united-nagoya.hateblo.jp

ということで、1か月に2回も近況報告するわけにもいかず、書く内容を考えてたら1週間経ってましたね!
1週間って早いね!みんな時間は有効に使おう!(言い訳終わり←)


さて、だいぶ話が逸れましたが、ここから真面目に書いていきます(`・ω・´)シャキーン

1週間が過ぎるのも早いですが、私たちが関わっているIT業界もスピードが早いですね!
毎日のように新しい技術やサービスが登場して、どんどん話題が変化していきます。
皆さんはそんなIT業界についていけてますか?
自分?ついていけてない(笑)←
しかし!やはりIT業界の動向は常に知っておかなくてはいけません!
IT業界に携わるものだから?違います。

就職活動の面接で聞かれます!

マジで聞かれます!(実体験による)
これ、きちんと知ってないと
「最近何かと話題のIoTとか自動運転とかVRに注目しています」
みたいな、よくわかってないけどなんとなく聞いたことのある単語を並べてみました!的な無様な回答をすることになります(注意:IoTとか自動運転とかVRがダメっていう話ではないゾ!←ここ重要)

ただ、ITニュースって調べにくいんですよね。わかります…
しかし!そんな人たちに朗報!
こんな記事を見つけました!

liginc.co.jp

LIG先輩さすが//
情報豊富な主要なニュースサイトからちょっとおもしろいニュースサイトまで、しっかりまとめられている!

ちなみに、自分がよく見ているニュースサイトはこの辺りです!

www.itmedia.co.jp

gigazine.net

どちらのニュースサイトもまとめられてますね(笑)


てな訳で、以上、最新のITニュースは常に把握しておきましょう!という就活生のけぃからのアドバイスでした!
よし、書けた!←

けぃ

課題の毎日

こんにちは、初めまして、るんです。

(更新予定日から二日も遅れてしまいごめんなさい)

 

 

世間はもうすぐ夏休みで浮かれている人も多いかと思いますが、、

 

私は課題課題課題、、の毎日😭

 

しかし、毎日追われて忙しくカツカツな日々ではありますが、先輩方から色んなことを教われる貴重な毎日に、充実感も抱いています😊

 

 

 

 

では、

ピックアップして私が今取り組んでいる課題について一つご紹介したいと思います!

 

 

 

 

私の通う名市大芸術工学部では、毎年卓展という作品展示会を行っています。

 

taku-ten.com

 

是非こちらを見てみてください

 

 

私は『branco (ブランコ)』というブランディングをする卓に入っています。

 

実際に大須商店街でフィールドワークをし、実在する店舗を一つ決めて、そこで新たな自分の考えるコンセプトを設定し、ロゴ作りからパッケージをデザイン展開していく、グラッフィクデザインがメインの卓です。

 

本来なら何個か制作物が完成している頃なのですが、、、

 

授業の課題やもうすぐ実習の発表なども控えており、やっと先日納得のいくロゴが完成したばかりです(笑)

ですがせっかく取り組んでいるからには、私にしかできないものを作りたいし、

頑張って作って見せます!(宣言)

 

 

 

他にも色んなジャンルの素晴らしい作品が沢山みれるので、

是非8月19日〜21日の間に、卓展にお越しください😂💓

 

 

 

 

読んでいただきありがとうございました〜!

でわまた 

 

P.S 

UNITEDのwebページもリニューアルするべく今UNITEDの先輩であり学校の先輩でもある偉大なるわんちゃんさんから教わっている最中なので、がんばります!

ブループリントの紹介

 

こんにちは。今回はUnreal Engine 4のブループリントについて紹介します。

Unreal Engine 4はゲームエンジンの一つなのですが、大きな特徴としてビジュアル言語を使用してプログラムを組むというものがあります

このビジュアル言語がブループリントという名前で、プログラム初心者でも簡単にいろんな機能を実装できます。

ブループリントの利点はノードとノードをつなげるポイントが存在し、そのポイントの種類で何が何に繋げることができるか即座に判断できるところと、プログラムの流れが目で分かりやすいというところです。

ブループリントにもいろいろな種類がありますが、基本的に操作は同じです。

f:id:united-nagoya:20160706205910p:plain

上の写真はメインのブループリント

f:id:united-nagoya:20160706210035p:plain

これはAI専用ブループリント

f:id:united-nagoya:20160706210128p:plain

 アニメーション専用ブループリント

ほかにもマテリアル(物体の質感)やテクスチャ(色)のブループリントなどがあります。

実装したい機能のノードが存在しない場合C++でノードを自作することもできます。(やったことないけど)

ただし、Unreal Engine 4がフリーのゲームエンジンであるUnityと比べ大変処理が重く、あまり日本で使われていないため日本語の情報が少ないのと(Unityより使い勝手がいいと思うけど)、ブループリントに二次元配列がデフォルトでサポートしていないという欠点があります。

まだまだゲームエンジンとして進化の途中段階ではありますが一度でもUnreal Engine 4を使ってみてください。